共生とは~やまゆり園事件から➀➁➂➃⑤

2020/01/14

朝日新聞 2020年1月6,7,8,9,13日

➀思いはある 伝えられなかっただけ

 堺市の知的障がいのある宮下愛さん(33)は、意志決定支援を受け始めて6年余り。昨年12月には「1年後はどんな暮らしをしていますか?」と聞かれ、「仕事は皆勤で、有休を使って楽しみたい」と笑顔で言った。知的障害者は何もわからないという見方は「思い込み。会話ができない重い障害者も、表情や、その人に合った道具を使って意志を伝えることはできる」と話す。宮下さんの障害程度は「重度」と判定されている。「私にはいっぱい思いはあるけど。どう伝えていいかわからなかっただけ」

 東京都内で母親と暮らす稲森詩帆さん(41)は、2年前「グループホームで暮らしたい」と希望を伝えた。入居したが、母親が「帰ってきて」と言ったこともあり自宅に戻った。しかしその後引きこもりがちになり、生活リズムも崩れ言葉数も減った。昨年10月支援員の提案で施設に通い始め、介護の必要な母親もデイサービスに。「本人の思いをくみ取り実現するには、チームで支え、家族にも配慮することがカギ」と支援者は話す。母親も「本人が納得する生き方を選ぶのが一番だと思えるようになった」と言う。

 兵庫県加古川市の手をつなぐ育成会が2018年、会員の知的障害がある本人とその保護者に実施した調査(270組が回答)では、誰とどこで生活するかを決めたのは「自分」と答えた本人が18%だった。「本人の将来について誰が決定すると思うか」には、「保護者」が75%、「本人」は19%だった。社会福祉法人育成会(いわき市)の古川敬事務局長(60)は「どんなに障害が重くても意志はある。意志決定する場面だけでなく、日常的に自分の思いを出していいという経験を重ねることが必要だ」と指摘する。

 被告と面会した、福島智さん(57)の話。「魂の嘔吐」とも言うべき強烈な不快感に襲われた。直接対話することで、短絡的で、純粋とも言える残忍さ、幼い思考がストレートに心に突き刺さってきた。一方で、私たちの価値観と無関係とは言い切れない。生産能力の差で人を選別し、命に優劣をつける優生思想の目は、私も含めすべての人の中にあると思う。しかし、無条件に人は生きる価値がある。命の価値に序列をつけない。それが私の考える共生社会だ。

 私は3歳で右目を、9歳で左目を失明。14歳で右耳が、18歳で左耳が聞こえなくなった。健常から全盲ろうへと生きてきたことは、周囲から隔絶されていく過程と言えるが、命の価値は同じだと気づかされていく道のりでもあった。私がどうにかやってこれたのは、指点字というコミュニケーション手段があり、それを用いて支えてくれる人がいたから。「命は平等だ」と言うだけでは社会は変わらない。いろんな人と交わることで、それぞれが苦しみも悲しみも夢も希望も持っていると理解できる。そんな出会いを通じてこそ、命には優劣も序列もないと実感できるようになると思う。